大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

法人税の中間申告をスムーズにこなすコツ

-  企業実務 平成26年9月号 日本実業出版 
-


では、どんな会社でも中間申告が必要かというとそういうわけではありません。中間申告は確定申告の前払制度であるという趣旨ですから、例えば万年赤字の会社には中間申告をする必要がありません。そこで、中間申告不要なケースとして、「前期の法人税額が20万円以下の場合や、前期がない設立事業年度」としています。
一方、中間申告といっても、実は2つのやり方があります。1つは、前期実績に基づく「予定申告」で、もう1つは、今期上期実績に基づく「仮決算による中間申告」です。
予定申告では、「前期の法人税額×6月/12月(前期が12ケ月決算の場合、以下同じ)」で納税額を計算し、税務署からの郵送物等もこの方法で計算されてきます。
一方、仮決算による中間申告では、期首から6ケ月間を1事業年度とみなして仮の決算を行い、その決算に基づいて納税額を計算します。例えば、3月決算の会社であれば、「平成26年4月1日から9月30日までを1事業年度とみなして仮決算を行う」ということになります。
これらの選択は基本的に納税者の自由とされていますが、申告と納税の期限である「事業年度開始日以後6ケ月を経過した日から2ケ月以内(3月決算であれば11月末まで)」を失念していた場合はどうなるのでしょうか?


法人税の中間申告をスムーズにこなすコツ

最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー