大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

「復興特別所得税(源泉徴収関係)に関するQ&A(個人編)」

- 財団法人納税協会連合会 納税月報 平成24年10月号 -


源泉の対象となる個人に対する原稿料の支払が33,333円発生しているケースで、復興特別所得税の導入前の平成24年中における取り扱いと導入後の平成25年中における取り扱いを比較して確認してみます。
まず、改正前の現行の源泉実務の取り扱いは、源泉所得税額=33,333円×10%=3,333円(1円未満切捨て)となり、実際の個人への支払では、33,333円―3,333円=30,000円となります。また、この天引きした源泉所得税額である3,333円はその後国に納付することになります。
一方、改正後では、源泉所得税額及び復興特別所得税額=33,333円×10.21%=3,403円(1円未満切捨て)となり、実際の個人への支払では、33,333円―3,403円=29,930円となります。また、この天引きした源泉所得税額及び復興特別所得税額である3,403円はその後1枚の納付書で国に納付することになります。


最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー