大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

8%から10%更なる増税も視野に!資金繰りでミスしないための税抜経理と消費税通帳のススメ

- 納税協会ニュース 平成25年7月号
財団法人納税協会連合会 -


2年前の課税売上高が5,000万円を超えている場合は、簡易課税方式を選択できませんので強制的に原則課税方式となります。原則課税方式の場合、「売上の際に顧客から預かった消費税」から、「仕入などの際に支払った消費税」を差し引いて計算します。価格転嫁がきちんと行われているという前提では、消費税は会社をスルーするだけですので損も得も発生しないことになります。
しかし、実際には価格転嫁しにくいケースや、きちんと価格転嫁できたとしても、消費税率が倍になれば、会社に滞留する納税すべき消費税額も単純計算で2倍となり高額となります。知らぬ間に運転資金や設備資金に使ってしまうと、消費税納税時期に大変となります。
そこで、毎月の月次試算表完成時に、概算消費税を自社にて把握できるようにしておくことをお勧めします。これは原則課税方式の場合でやろうとすると、「税抜経理」をしておくことが必要です。税抜経理では、消費税抜きで売上や仕入、各種経費を表示します。そうすると、試算表に表示される利益が消費税を含まない形の正しい利益となります。



最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー