大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

   最新税務ニュース
新しい税金の動向や金融情勢等について、毎週1本の記事をお届けします。
経営者にとって役立つ情報となっていますので、ご参考にして下さい。
(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。


最新税務ニュース280 2012.7.10
財務省、海外配信への消費税課税を検討


●消費税増税、夏にも成立の見通し

6/26に社会保障と税の一体改革関連法案が衆議院を通過した。順当にいけば、8月頃には消費税の増税が決定する見通しとなった。実現すれば、2014年4月から8%、2015年10月から10%に増税となる。消費税増税については、税率ばかりに目が行きがちだが、今後は、増税によって影響が出てくる実務面での是正にも議論が進んでいくものと思われる。

現在、早くも是正に向けて動き出したのが、「海外配信」問題である。最近、電子書籍や音楽、広告の配信などで、海外企業が日本国内にサービスを行っているケースも多く、国内企業が海外企業と熾烈な競争を繰り広げている。そのときに問題になっているのが、消費税である。

消費税は、国内において事業者が事業として対価を得て行う資産の譲渡、資産の貸付け及び役務の提供に対して課税される。そのため、国内企業が電子書籍等を国内のサーバー等から配信する場合には、消費税が課税される。しかし、海外企業が海外のサーバー等から日本国内に配信した場合には、消費税が課税されない。その点で、国内企業は既に5%のハンディを負っていることになる。最終的に消費税が10%に増税された場合には、その格差がさらに広がるため、国内企業から見直しを求める声が上がっていた。

●財務省、有識者による研究会を立ち上げ

それに対し、財務省は7/5に「海外配信」に対しても消費税を課税することを検討するため、有識者による研究会を立ち上げた。実際、EUなどでは海外からの配信に対しても、消費税に相当する付加価値税を課税しており、それに準ずる方向で検討がされるものと思われる。
まだ現段階では白紙であるが、新たに課税対象になるとすれば、その範囲によっては他の同様の取引に影響を及ぼす可能性もある。最近では、中小企業が海外取引を行っていることも珍しくなく、こういった改正が中小企業の実務に影響してくる可能性は十分ある。「海外配信」問題に限らず、消費税増税の“波及先”を注視しておく必要があるだろう。

(担当:村田)

Copyright 2008 All rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

 最新税務ニュースに戻る

最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー