大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

   最新税務ニュース
新しい税金の動向や金融情勢等について、毎週1本の記事をお届けします。
経営者にとって役立つ情報となっていますので、ご参考にして下さい。
(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。


最新税務ニュース284 2012.8.7
予算と実績の管理を!


●予算作成のポイント

中小企業の場合、毎月の月次試算表で、売上や利益の実績は確認しているが、予算を作成し、予算と実績の比較まで行っているケースは少ないように思う。毎月、予実管理をしっかり行うことで、日々の経営をリアルタイムで軌道修正し、適宜フィードバックしながら、常にゴール(決算)を意識した経営を行うことができる。

そのための第一歩は、まず予算を作成するところから始まる。予算の立て方は、大まかにはトップダウン方式とボトムアップ方式の2種類ある。

トップダウン方式の場合には、会社の成長や借入金の返済のため等で必要な利益が先に決まる。そして、その利益を達成するために必要な売上等を決定し、それを各営業所や各商品など、部門別に落とし込んでいく。ボトムアップ方式の場合には、逆に各営業所などの現場が目標とする売上等を提出し、それを集計することで全体の予算が決まる。

実際には、これらの両方の作業を並行しながら、数字を調整していくことになる。目標予算、現実的可能予算、最低限必達予算など、複数の予算を作成するケースも出てくるかもしれない。

●予実管理で、リアルタイム経営を目指す

予算が作成できたら、毎月の月次決算の中で、予算と実績の比較を行う。重要なのは、正確な予算を立てることではなく、予算と実績の違いを分析することにある。基本的には、予算と実績の差額が大きい科目を中心に、その差額の原因を分析していくことになる。

例えば、売上の場合なら、どの売上先で差額が発生しているか、平均単価や売上数量の変化はどうか、各営業所や商品の動向はどうかなど、ドリルダウンして調べていく。原因を調べていく中で、当初の想定と現状が大きく変わってきている場合には、予算の修正が必要になる場合もある。

また、月次試算表での当期実績と、当期未経過月の予算を合計することで、常に現状に基づいた決算予想を把握することができる。そのため、決算直前になってから慌てる必要もなくなり、決算を見据えたリアルタイム経営が可能となる。

(担当:村田)

Copyright 2008 All rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

 最新税務ニュースに戻る

最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー