大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

   最新税務ニュース
新しい税金の動向や金融情勢等について、毎週1本の記事をお届けします。
経営者にとって役立つ情報となっていますので、ご参考にして下さい。
(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。


最新税務ニュース344 2013.10.15
給料を下げて、会社も従業員もハッピーになる解決法

●住宅手当と社宅、どちらがトクか?

従業員に対して住宅手当を支給している法人があるが、支給の形態を変えることによって、本人の手取り額が変わることをご存じだろうか。住宅手当として支給する場合には、当然課税所得として、所得税の課税対象になる。基本給や残業手当など、その他の給与と合わせて課税されるため、住宅手当分だけ、所得税が増えることとなる。

ところが、これを会社の社宅という形式に変えると、異なる結果となる。例えば、これまで従業員本人が賃貸住宅を月額家賃10万円で賃借し、住宅手当5万円の支給を受けているとする。月額家賃10万円と住宅手当5万円の差額5万円が、従業員の負担となっている。

住宅手当をなくして、従業員の自宅を会社の社宅とすれば、会社が月額家賃10万円を負担することとなる。その代わりに、従業員は社宅家賃として、5万円を会社に支払う。この場合、従業員の負担額は前者と変わらず5万円だが、従業員の手取り額は変わってくる。なぜなら、住宅手当5万円がなくなった分、課税所得が減り、労使折半の社会保険料も少なくなるためである。

●現物給与として課税されないためには

ただし、上記のように手取り額を増やすためには、社宅の貸与が現物給与として課税されないことが必要となる。従業員に対して社宅や寮などを貸与する場合には、従業員に対して1ヶ月当たり下記の金額の合計額(賃貸料相当額)以上を受け取っていれば、給与として課税されない。

(1)(その年度の建物の固定資産税の課税標準額)×0.2%
(2)12円×(その建物の総床面積(u)/3.3u)
(3)(その年度の敷地の固定資産税の課税標準額)×0.22%

従業員から受け取っている家賃が、上記の賃貸料相当額の50%以上であれば、受け取っている家賃と賃貸料相当額との差額は、給与として課税されない。もし、従業員に無償で貸与する場合には、上記の賃貸料相当額が給与として課税されることとなり、従業員から賃貸料相当額より低い家賃(賃貸料相当額の50%未満)を受け取っている場合には、受け取っている家賃と賃貸料相当額との差額が給与として課税される。

なお、実務的には社宅として取り扱うためには、賃貸借契約も法人で契約する必要があるため、事前に準備しておく必要がある。

(担当:村田)

Copyright 2008 All rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

 最新税務ニュースに戻る

最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー