大阪の税理士法人:大阪・京都・神戸・滋賀・奈良・東京・横浜を中心に活動/決算対策/法人設立/節税対策/資金調達/税務調査/相続対策/事業承継対策

今なら初回面談無料!お気軽にお問い合わせください。

0120-516-264 受付時間9:00〜17:30(土日祝休業)

メールでのお問い合わせ



今村 仁

今村 仁

「節税は義務、納税は権利」がモットーです。
開業当初に取材を受けました。

詳しい自己紹介はこちら

メールマガジン

経営者限定!365日経営者無料メルマガ

(このメルマガに登録されますと弊社発行メール通信・FAX通信に自動登録されることをご了承下さい)

会計事務所の方はお断りさせて頂いています。

まぐまぐ!殿堂入り 税金を払う人・払わない人

当サイトはリンク・フリーです。
下のバナーをお使いください。

   最新税務ニュース
新しい税金の動向や金融情勢等について、毎週1本の記事をお届けします。
経営者にとって役立つ情報となっていますので、ご参考にして下さい。
(注)執筆当時の法律に基づいて書いていますのでご利用は自己責任でお願いします。


最新税務ニュース413 2015.10.30
もし、自社からマイナンバーが漏えいしたら?

●マイナンバーの漏えいが発覚した場合

マイナンバーについて適切な安全管理措置を講じていても、故意犯による漏えいを含め、漏えいリスクが0になることはありえない。では、もし漏えいが発覚した場合、どうすればよいのだろうか?

特定個人情報保護委員会が公表した「事業者における特定個人情報の漏えい事案等が発生した場合の対応について」によると、下記の措置を講ずることが望ましいとされている。

@事業者内部における報告、被害の拡大防止
A事実関係の調査、原因の究明
B影響範囲の特定
C再発防止策の検討・実施
D影響を受ける可能性のある本人への連絡等
E事実関係、再発防止策等の公表

では、漏えいが発覚した場合、行政に連絡する必要はあるのだろうか?漏えいが疑われる場合は、事業者は事実関係及び再発防止対策等について報告するように努めるとある。その報告先は個人情報取扱事業者の場合は主務大臣(主務大臣を特定できない場合は特定個人情報保護委員会)、個人情報取扱事業者以外の場合は、特定個人情報保護委員会となっている。

ただし、個人情報取扱事業者以外の事業者であって、下記の@〜Dの全てに当てはまる場合は報告を要しないとされている。

@影響を受ける可能性のある本人全てに連絡した場合
A外部に漏えいしていないと判断される場合
B従業員等が不正に持ち出したり利用したりした事案ではない場合
C事実関係の調査を了し、再発防止策を決定している場合
D事案における特定個人情報の本人の数が100人以下の場合

●罰則規定は故意犯を想定

マイナンバー漏えいについては罰則があるが、この罰則はあくまでも故意犯を想定したものとなっている。事業者が従業員の指導等の一定の安全管理措置を講じていれば、意図せずにマイナンバーが漏えいしたとしても、直ちに罰則の適用はないと考えられる。

つまり、適切な安全管理措置を講じていれば罰則を免れる可能性が高いため、安全管理措置の構築は、慎重に行いたい。
(ただし、マイナンバーが漏えいした場合には、別途、民事裁判による損害賠償請求の可能性があるので、ご留意頂きたい。)

Copyright 2008 All rights reserved By マネーコンシェルジュ税理士法人

 最新税務ニュースに戻る

最新税務ニュース

過去の記事

新着情報

過去の記事

マスコミ掲載情報

過去の記事

AllAbout 個人事業主・経営者の節税対策公式ガイドを務めています。

みんなで止めよう温暖化 チームマイナス6%

たいせつにしますプライバシー